読書の時間

金持ちになりたい人へ贈る。金持ち父さん貧乏父さんあらすじ

仕事・家・お金の本質

人生の中で重要だと思っていた、仕事・家・お金に対する見方が180度変わった本。

会社を辞めて、独立しようと思ったきっかけのひとつになっています。

金持ち父さん貧乏父さんの話に出てくるお金の勉強って、もっと小さな時から教わっておくべきだと思うけど、日本にはなぜかその仕組みがない。

“持ち家は負債なのに資産だと思い込んでしまう”という辺り。

日本の教育や社会に刷り込まれている常識が、常識じゃなかったんだと思うと、日本の教育システムがちょっとコワいとも感じてしまった。

 

仕事の本質・家を買うことの本質・お金の本質が初めて理解できました。

何も知らずに過ごしていたら、私の人生はきっと、お金もそうだし、心の面でも大損していたかもしれません。

そういうことを、子どもも親も楽しく学べる場所を作るっていうのも、おもしろそうです。

 

金持ち父さん貧乏父さんの好きなフレーズ集

 

「人生がだれよりもすぐれた先生」

 

「ほかのだれを変えるより、自分自身を変えることのほうがずっと簡単」

 

「金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思い込む」

 

「誰もが持っている唯一の強力な資産は、私たちの頭だ」

 

「どんなときも楽しむこと。勝ったことが一度もない人のほとんどは、勝つことを望む気持ちより、負けるのを恐れる気持ちが大きいから勝てないのだ」

 

「問題なのは恐怖そのものではなく、それに対する対処のしかただ。つまり、損をしたときにそれにどう対応するかが問題なのだ」

 

「分析をする勝者には、批判ばかりをしている人間に見えないものが見え、また、ほとんどの人が見逃してしまうチャンスが目に入る。人が見逃してしまうものを見つけること。これこそがどんなことにおいても成功の秘訣だ」

 

「偉大な投資家たちの大いなる頭脳に近づく唯一の方法は、おごらずたかぶらず謙虚に彼らの言葉を読んだり耳を傾けたりすることだ」

 

「何かが足りない何かが必要だと感じたときには、まずそれを人に与えることだ」

 

ある時から周りとの付き合い方が変わり、考え方がポジティブに変わった

これを読んでから、自分自身の働き方について、考えるようになりました。

また、少しづつ周りの人との付き合い方が変わってきました。確か、今まで仲良かった友人とも話が合わなくなってきたのも、この頃だったかな。

 

他にも好きなフレーズはたくさんありますが、私は特にこのフレーズが好きです。

「誰もが持っている唯一の強力な資産は、私たちの頭だ」

 

自分でビジネスを始めようを思った頃、一生懸命ググって

「いいアイディアないかなー」と、調べていました。

でも、ググって出てくるってことは、誰かがもうすでに始めているサービスであって、何の答えにもならいのは当たり前ですよね(笑)

そもそも、そんな簡単に答えが出てきたら、誰でもやっていますよね。

 

今考えると、何て単純な頭をしていたんだと笑えます。

 

今は、自分が提供するサービスを、どうやったらみんなに喜んでもらえるようになるか、時間があればあれこれ考えるようになりました。

でも、時々考えすぎて、わけがわからなくなることもあります。

そういうときは、

「誰もが持っている唯一の強力な資産は、私たちの頭だ」

これを何度も何度も頭の中で唱えて、自分に言い聞かせます。

 

そうすると、”私は絶対いいアイディアが思いつく能力がある”と、自然とポジティブな思考になってくれるのです。

今は、自分で手探りしながら進んでいくことが楽しいです。

答えがどうかは、やってみないことにはわかりませんが、何よりも今はその工程が楽しいのです。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


毎日配信 | がんばらない献立

登録されている記事はございません。

コンビニ

栄養コラム

脳が喜ぶ食事と睡眠法

読書の時間

PAGE TOP
Top