私が、9年間の会社員生活を辞めようと決意するまで。

読書嫌いの私が読書をするようになったのは、ほんの1年前のはなし。

気になる男性から「はい。この本プレゼントするよ。」

と、本をもらったことがきっかけでした。

後日、その男性と私の友人と3人で飲みに行くことに。すると、またその男性は、私に本のプレゼントをしてくれました。

その本は、まさに「やりたいことが見つからない」と、悩んでいた自分にピッタリの本で、私の心のモヤモヤを晴らすきっかけになったのでした。

改めて、男性にそのお礼のLINEを送ると、

「今の葵ちゃんにピッタリだと思って。おススメしたい本をプレゼントをするのが趣味で、勝手にやってるだけだからさ、まぁあまり気兼ねなくもらってよ。」

そう言って、何度も本と共に、本による素晴らしい体験を教えてくれるのでした。

一緒に飲んでいる時に、彼がこんなことを言いました。

「あのさ、本の正しい読み方って知ってる?」

「え?知りません。どういうことですか?」

と私が聞くと、彼は本の文章を書き写したノートと、しるしや線がたくさん入った本を見せてくれました。

「本はただ読むだけじゃなくて、気になった部分に線を引いたり、ページを折ったりして読むんだよ。本を最後まで読み終わったら、線を引いた文章をこうやってノートに書き写すんだ。そうすると、そのノートを開けば、大切な言葉がすぐ読めるようになるし、自分だけの参考書になる。本はこうして読むのが正しい読み方なんだよ。」

まさに、目から鱗というのはこういう時に使うのかと思いました。

本の読み方なんて、聞いたことがありませんでした。

さっそく私はその時から、電車の中や、何かの待ち時間には必ず本を読み、読んだ本はノートに書き写すようになりました。

 

それから本の世界にハマり、今は週に2、3冊の本を読み、家にテレビがない読書に集中できる生活をしています。

そして、本を読んでたくさんの偉人から教えてもらった知識と知恵、行動力を人生で活かすために、私はこの春で9年間の会社員生活を辞め、自分のサービスを立ち上げることにしたのでした。

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. あなたの健康状態をチェック!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Top