夕飯の献立を考えるコツ

 

 

大学サークルの先輩方と久しぶりの再会!!

「子どもたちのごはん作って~」ということで、保育園のおかずを作ってきました(*^-^*)

 

・豚だいこん

・ひじきの胡麻和え

・トマトとしめじのマリネ

 

みんなモリモリ食べてくれました!特に大人が。笑

嬉しかった~(*^-^*)

dsc_1368

ちおちゃんの美味しいポーズ♡ 奥ではこはるちゃんとそうたくんが、モリモリ食べてくれています(*^-^*)

 

dsc_1370

ちおちゃんもこはるちゃんも、普段なかなか進まない豚肉を食べてくれていたと、ママから嬉しい報告をもらいました!

 

「おいしいー?」と聞くと「はーい」と必ず手をあげてくれるそうたくん。

 

今日のメニュー、始めに言い訳をしておきますが(笑)、冷蔵庫の食材中心にあまり知らないような料理にしたかったので、1食のバランスとして見た時に、完璧な組み合わせとは言えません。

では、どういう組み合わせがいいものなのか?!

今日のメニューを例にしてご説明します(*^-^*)

 

料理の鉄則1!味付けがかぶらないようにする

私たちが舌で感じる味は「甘味・塩味・苦味・酸味・うま味」の5種類が混ぜ合わさったものです。

この5種類の味がおかずの中で、なるべく重ならないように考えます。

 

今日のメニューで言うと、

・豚だいこん…うま味(だし)+塩味(味噌・しょう油)+甘味(砂糖・みりん)

・ひじきの胡麻和え…塩味(しょう油)+甘味(砂糖)

・トマトとしめじのマリネ…酸味(酢)+甘味(砂糖)

 

こんな感じになっています。これでは甘味が重なりすぎていたり、汁ものをつけると塩味が重なりすぎているので、ひじきの胡麻和えをなくすと、よりいいですね(*^-^*)

 

料理の鉄則2!食感がかぶらないようにする

今まで食べたことのある食感を、思い出してみて下さい。

シャキシャキ・プチプチ・ホクホク・トロトロなどがありますよね。そのものの食感の他、切り方や調理法でも変わります。

例えば、長芋は生のまま千切りにすればシャキシャキ、煮ればホクホク、すりおろせばトロトロなどです。

 

1食の中で、できるだけ色々な食感が味わえるようにしてみてください(*^-^*)

でも、まだ歯が生えていない子どものやわらかい食事では、なかなかこの食感の違いを出すのは難しいです。
かみ切ることが難しい子どもの場合は、意識しなくてもokです(*^-^*)

 

かみ切ることが少しづつ上手になってきた子どもには「ごぼう・れんこん・きゅうり・いんげん・春雨・コーン・えのき・こんにゃく」この中の食材を料理に入れることで少し違った食感が楽しめます。

 

また、2歳頃からは食材を大きく切ってあまり茹ですぎず、食感を残すようにしましょう。

「どんな音が聞こえてくるかな~?」と声をかけると、楽しみながらよく噛んで食べるようになります(*^-^*)

 

料理の鉄則3!彩りがかぶらないようにする

食材は主に白・茶・黄・緑・黒の5種類に分けられます。様々な色を取り入れて、彩りを良くしましょう。

ポイントは、お買い物中に買い物カゴを確認してみることです。

また、この5種類を揃えることで、栄養素のバランスも自然と整えられるというメリットもあるんですよー。

 

白 : ごはん、豆腐、しらす、カリフラワー、もやしなど

赤 : 肉類、酒、人参、トマト、えびなど

黄 : 卵、かぼちゃ、とうもろこし、油揚げ、味噌など

緑 : ほうれん草、ピーマン、ブロッコリー、にらなど

黒 : わかめ、ひじき、黒胡麻、こんにゃく、きのこ類など

 

今日のメニューで言うと、

・豚だいこん…赤(豚肉)+白(大根)+赤(人参)+黒(こんにゃく)+黄(味噌)

・ひじきの胡麻和え…黒(ひじき)+緑(ほうれん草)+赤(人参)+白(もやし)

・トマトとしめじのマリネ…赤(トマト)+黒(しめじ)+赤(まぐろ油漬缶)+緑(パセリ)

素晴らしく色が揃っていますね!笑
もし副菜に迷った時は、メインのおかずと色合いが重ならないように考えましょう(*^-^*)

料理の鉄則4!調理方法がかぶらないようにする

調理方法には

焼く・蒸す・炒める・煮る・和える・蒸す・揚げる・茹でるなどがあります。この中の調理方法が、重ならないようにしましょう。

 

調理方法が重なってしまうと、こんな困った悩みも出てきます。

・油を使う揚げ物・炒め物を組み合わせると、油を使う量が多くなる。

・煮物と煮物を組み合わせると、塩分が多くなる。

このことから、調理方法が重ならないようにすると、自然に油や塩の量を減らすことも可能なのです!

今日のメニューで言うと、

・豚だいこん…煮物

・ひじきの胡麻和え…和え物

・トマトとしめじのマリネ…和え物

和え物が重なっているので、どちらかを蒸し野菜などに変えるとよりいいですね。

 

料理の鉄則5!温かいものと冷たいものがかぶらないようにする

温かい揚げ物には、冷たいサラダやナムル。

冷製パスタなどには、温かいスープや蒸し野菜。

というように、温かい料理と冷たい料理を組み合わせるようにすると、料理にメリハリがつきます。

 

今日のメニューで言うと、

・豚だいこん…温かい

・ひじきの胡麻和え…冷たい

・トマトとしめじのマリネ…冷たい

 

冷たい料理が重なっています。特に体を暖めたいこの時期は、このように冷たい料理が重ならないようにしましょう。

 

まとめ

「今日の主菜は決まったけど、副菜が決まらない」

そんな時は、この鉄則集の中からどれか一つだけでも意識して考えてみると、献立が決めやすくなります。

全ての鉄則を守ろうとするとかなりハードな作業になりますから、もし考えすぎて料理が苦痛になる!という方は、全てを考えなくてもいいです(*^-^*)

余裕のあるお休みの日などに、1つでもいいのでチャレンジしてみてくださいね。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. メディアの健康情報に、振り回されない生き方。

  2. 食物アレルギーに注意した離乳食の食べさせ方

  3. 子どもに教えたい、栄養素の小ばなし

  4. 子どもの便秘

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Top